投稿日:

嫁の不倫の証拠を調査して浮気相手に制裁を下す方法

嫁の不倫の証拠を調査して浮気相手に制裁を下す方法。

家内の姦通が怪しい場合は、確固たる明確な証拠キャッチする。

確かな証拠勝ち取ることができるまでは、姦通を感知しているということを暴露しない方がいい。

嫁が不倫をしているのではないかと怪しんだ時、往々にしてママが使っているスマートフォンを検査して、男と如何わしい会話をしているかどうか、家を空けるタイムテーブルがないか調べると思います。

他にも、上さんが所有している車にGPSを入れたりして、行動を注視するということもされると思います。

だけれども、それだけでは法的に確固たる姦通のプルーフと決めつけられないということを既知でしょうか?。

嫁の不倫

自分にとっては、妻が男と軽率な会話のやり取りをしていて、好きだとか囁き合っていたら、そういった類のことは情事と見なしたくなりますよね?。

まして、ワイフの不倫が怪しいということでGPSで行く先を注視しているただ中で現在の場所が旅館で留まっていたら、憤激してしまいますよね。

しかし、賠償面では「不貞行為」が無ければ、情事であると判定されません。

男と嫁はんが性行為していた時に、司法的な立場から姦通と宣告されます。

反対に、上さんが密夫と情交をしていないにもかかわらず、姦通だと言って激しく尋問すると、自らの方が悪化してしまいかねない。

嫁の不倫の体験談

明確な証拠が脆弱な状態で、嫁さんの不倫を責めて失敗した場合伝達。

ボイスレコーダーへ音入れした浮気相手と奥さんのあえぎ声。

嫁さんのスケジュールが不審になり、音声録音機をバックに入れておいたりしておきました。

翌日に確かめてみると、密夫と性の営みをしているとしか思えない会話がしました。

これはもう牢固たるエビデンスだと見なして家内に審問したら、密通を是認しました。

ところが、いざ奸夫へ慰謝料要償をしようとしたら、やにわに態度を変化させたのです。

ラブホへは自分だけで入って、奸夫と共にではないと。

そんなのは通じないと思いましたが、弁護士に伺ってみても、詰まるところ一緒に寝泊まりしている現場を動画撮影などドキュメントに保存しておかないと、賠償面で確固たる不義の裏書きと見なされないとの見解。